Home » 自動車 板金・塗装施工例 » ポルシェ911(Type991)のバンパー修理

ポルシェ911(Type991)のバンパー修理板金・塗装専門店|前田自動車.jp

category : 自動車 板金・塗装施工例 2015.10.26 

前回の作業ブログからかなり時間が経ってしまいました・・・すみません。なかなか忙しくて余裕がありませんでした(笑)。

今回はポルシェ991のご入庫です。

_IGP5908

997までは触らせて頂いたことがありましたが、991は初です。

残念ながらリアバンパーをぶつけてしまい入庫となりました。

_IGP5882

ちょっと見づらいですが、バンパーの左部分が変形してディフューザーにも傷が。ついでに左のマフラーが中に食い込んでいるように見えました。

バンパーは1本塗りで、ディフューザーは思いのほか安かったので交換(素地の部品なので補修は不可です)となり、その他交換が必要な部品は・・・

_IGP5881

「PORSCHE」エンブレム・・・¥11300もします(汗)。

_IGP5883

ナンバー横に貼ってあったシール。これは¥1100でした。

早速バラシに入りましたが、予想を遥かに上回る外しやすさ(笑)。このあたりは流石です。メンテナンスのしやすさを考えてのことなのかな?

_IGP5884

_IGP5888

可変ウィングは上げておく必要があります。でないと、テールレンズが外せません。

_IGP5890

いきなりですが塗装完了。ソリッドではなくパールの入ったブラックでした。

_IGP5897

組み付けて磨いて~仕上げにエンブレムを貼ろうとしたのですが、ポルシェから送られてきたエンブレムはどう考えても文字と文字の間隔が狭く、台紙に貼られているエンブレム上にはリタックシートすら貼られていません。言葉にすると判りづらいかもしれませんが、通常のエンブレムというのは文字が繋がっていたり、文字同士がバラバラに離れていてもエンブレムの上面に透明なシール(リタックシート)が貼られており、文字のバランスを崩さずそのまま貼ることができます。

しかしこの¥11300もするエンブレムは「一文字ずつ貼ってちょ」と言わんばかりの態度。

_IGP5902

そのことに事前に気付いたのであらかじめ文字同士の寸法を測っておきました(あぶねー)。

そこに一つ一つぺたっと貼っていきました。

そういえばベンツのCLの時も同じようなことがありまして、その時は「CL500」を注文したのに「CLS500」が届き、ヤナセさんに問い合わせたところ、「CLSのSを抜いて下さい」とのお言葉を頂きました(笑)。

「マジですか?」と思いましたが(笑)。

_IGP5904

と、いうわけで無事完成です。マフラーの調整も、マフラーカッターが内側に向いてしまっただけで、ネジを緩めて元の位置に戻してOK。

_IGP5907

_IGP5906

それにしても迫力のボディーですね!より洗練されたと言うか、流れるようなデザイン、ポルシェのイメージを崩さないシルエットですね。

本当に良い車だと思います!

O様、この度はご利用ありがとうございました!今後ともよろしくお願いいたします。



コメントフォーム

*

NEWスタッフブログ

お客様からのコメント

Sponsored by

Copyright(c) 2015 板金・塗装専門店|前田自動車.jp All Rights Reserved.