Home » 自動車 板金・塗装施工例 » グランドチェロキーの後期化

グランドチェロキーの後期化板金・塗装専門店|前田自動車.jp

category : 自動車 板金・塗装施工例 2013.8.18 

お盆休み、終わってしまいましたね~でもまだ暑いですね~

今回は、グランドチェロキー(WJ40)の前期モデルを後期フェイスに交換してみました。
_IGP2808.JPG


この写真は前期の状態です。後期モデルは2002y~2004yまでのわずか2年間しか生産されておらず、中古車市場にもあまり出回っていないようです。

オーナー様はこの前期モデルのフォグランプがどうしてもイヤと言うことで、今回の作業に踏み切った訳です。

交換しなければならない部品は主に、フロントバンパーカバー、ラジエータグリル、フォグランプ、バンパーアンダーガードになります。
_IGP2809.JPG
_IGP2810.JPG
フロントバンパーカバーに関しては、中古品が見つかったのですが、ラジエータグリルとフォグランプの中古品がなかなか見つからず、新品を調達することになったのですが、部品代が半端ではない価格でした(汗)。
グリルは未塗装の状態で¥57800
フォグランプ(左右)が¥36400
アンダーガード(メッキ塗装済)が¥46900   と、言った具合で、開いた口が塞がらない額なんですね。
それでも作業は進んでいるので、お客様に何度も確認を取りながらパーツを揃えていきました。
分解している最中の写真が無いのが残念ですが、フロントバンパーに関しては大きな加工なしで装着できます。フォグランプもカプラーの加工など無しで付きます。
_IGP3184.JPG
グリルの装着が要加工でした。
バンパーとグリルを外すと、中にラジエータコアサポートの様な部分があるのですが、どうやら後期モデルはこの部分も形状が違うみたいで、グリルが収まるべき所に穴が無く、干渉する部分もありました。
この部分を交換してしまうと、部品代はかかってしまいますし、ヘッドライトも後期用に変えなくてはならない恐れが出てきます。
なので、加工して取り付ける方法を考え、問題なく装着することが出来ました。
強度的にも問題ないレベルの加工です。
_IGP3187.JPG
このグリルが¥57800。3つのピースに分かれていまして、外側のリムはボディー色。
真ん中はマットシルバーにそれぞれ塗装しました。
当初、真ん中の部分はメッキではないかと思い込んでいたのですが、ディーラーからの回答は「メッキではなくマットシルバーで間違いない」との事でした。
_IGP3186.JPG
これがアンダーガード(¥46900)。
注文する際に分解図のイラストを見せてもらったのですが、イラストに載ってません。
メーカー側も正確な年式と車体番号がないと何とも回答できないと。まあその通りですよね(笑)。
結局、おそらくコレじゃないか?という部品(5515-6781AC)が出てきました。
グーグルでこの品番を打ち込み、画像検索してみると間違いなくこの部品だったので、確信を持って注文できました。こう言う部品の探し方もあるんですね~。
そんなこんなで、後期化のご相談を受けてかなり時間が経ってしまいましたが、無事、後期化に成功しました。お客様も満足していただけました。
H様。この度はご利用ありがとうございました。紆余曲折ありましたが、気長にお待ち頂き心より感謝いたします。今後とも宜しくお願いいたします。


コメントフォーム

*

NEWスタッフブログ

お客様からのコメント

Sponsored by

Copyright(c) 2013 板金・塗装専門店|前田自動車.jp All Rights Reserved.