Home » 自動車 板金・塗装施工例 » BMW X5(E53)にハーマン装着

BMW X5(E53)にハーマン装着板金・塗装専門店|前田自動車.jp

category : 自動車 板金・塗装施工例 2011.10.5 

なんだかんだで今年3台目のX5同色塗装のご依頼です。

しかも今回はハーマンのエアロキットをインストール!

 

_IGP9828.JPG

バンパー前後で定価が40万くらいですか~更にアーキュレー製の4本出しマフラー装着してローダウンも同時施工のフルコース。アルミホイールも購入済みだとか・・・。ほほ~どのように変わっていくのか楽しませていただきます!!

 

 

さて、この高価なハーマン製のバンパー。その完成度は・・・?

ACシュニッツァーのバンパースカートはウレタン製でしたが、ハーマンはFRP製。

嫌な予感は的中。ハーマンよ,お前もかという事で(笑)。表面はガタガタの歪みまくりで、気泡も見られます。ドイツの製品は良いものだという印象でしたが、他国で製造しているのでしょうか?

_IGP9813.JPG _IGP9819.JPG

 

ガンガン削って面出しをして、一度強制乾燥します。こうすることで気泡があるところが膨らむので、一つ一つ穴を開けて空気を抜きます。塗装が終わってから膨らんでしまってはシャレにならないので。

殆ど下地を作り直したと言っても過言ではない工程を終えて、下地作業がやっと終わりました。同時にタイヤハウスモールやサイドステップもツルツル仕上げです。

_IGP9836.JPG

フィッティングはどうでしょうか?仮合わせしては削って、パテを盛っての繰り返しでチリなどを修正していきます。FRPの特徴としましては、塗装してから乾燥し終わると、若干縮むことがあるのでそこら辺も考慮しなくてはなりません。

_IGP9841.JPG

リフトアップして何かゴソゴソやっていますが・・・バンパーのフィッティングと同時にマフラーの交換もやっておかなくてはなりません。

_IGP9870.JPG

アーキュレーのステンレスマフラーですね~重低音が響いていい感じ。もちろん車検に通ります。

リアバンパーの左右の穴からマフラーが顔を出すので、事前に確認しておかなければなりません。

_IGP9887.JPG
_IGP9884.JPG

 

塗装も2回に分けて行いました。なんせ部品が多いもので。コーナーセンサー(PDC)も塗っておきます。後は60℃でゆっくり乾燥させていきます。(発泡を防ぐため)
X5その2.JPG

さて、無事装着できました。どのように変わったかをご覧ください。左側が作業前です。

 

_IGP9826.JPG
X5.JPG

 

_IGP9833.JPG
X5その5.JPG

 

_IGP9824.JPG
X5その3.JPG

 

_IGP9823.JPG
X5その4.JPG

 

いかがでしょうか?いいですねぇ~素敵(笑)。こうなると大きなホイールを履かせたくなります。ローダウンですが、今回はフロントをダウンサスに交換しまして、リアはエアサスなので、コーディング作業でダウンさせるということになりました。コーディングはディーラーでなければ出来ないので、フロントのみの交換とさせていただきました。

O様この度は弊社をご利用いただきまして誠にありがとうございました。細かなメールでのやりとりができまして、大変スムーズに段取りを組むことができました。作業はスムーズではありませんでしたが(笑)。是非とも後ろもローダウンさせてアルミを履いたところを見てみたいので、お時間があるときにでも遊びにいらしてください。楽しみにしております!



コメントフォーム

*

NEWスタッフブログ

お客様からのコメント

Sponsored by

Copyright(c) 2011 板金・塗装専門店|前田自動車.jp All Rights Reserved.