Home » 自動車 板金・塗装施工例 » ホンダビートをリフレッシュしました

ホンダビートをリフレッシュしました板金・塗装専門店|前田自動車.jp

category : 自動車 板金・塗装施工例 2011.9.29 

最近は錆ネタが多くなってきましたが、冬になる前にしっかり防錆処理しておくのは大切です。

こんな状態で冬を越すのは無謀かと・・・↓

_IGP9744.JPG

運転席フロアに穴がっ!!

 

以前のカプチーノ同様の症状です。全体的には・・・

_IGP9709.JPG
_IGP9711.JPG
_IGP9712.JPG
_IGP9713.JPG

パネルの継ぎ目やビスが入っているところからサビが発生しているようです。

まずは・・・フロアとサイドステップから修理です。

_IGP9741.JPG

左のフロアも朽ち果てる寸前。グサグサに錆びていますねー。とりあえずは腐食している箇所を削り落として防錆処理をしておきます。

大きく開いた穴は溶接で塞がなくてはなりません。

 

 

 

_IGP9773.JPG

鋼鈑を切り出し、溶接で塞いでいくのですが、車の下にもぐりながらの作業は辛いです(笑)。

作業着の中に火の粉が入ったりして火傷してしまいました。溶接で盛った部分をグラインダーでフラットに削っていくのも思っている以上に大変な作業でした。

いつも塗装ばかりややっているとたまにこういう作業もしたくなるのですが、実際大変でした。

 

_IGP9777.JPG

裏から鋼鈑を溶接して、表側(室内)からはFRPを重ね張りして成型していきます。

室内はこの上からアンダーボディーシーラーを塗布して終了です。

裏側はもう一度防錆処理して、シーラーを塗布して、最後にアンダーボディーシーラーでコートしておきます。

_IGP9845.JPG
_IGP9848.JPG

左右ドアにもサビと凹みがあったので、同時に塗装しました。

 

_IGP9867.JPG

塗装も終わり、最後の組み付け&磨きです。4ドアセダンや1BOXに比べると小さいので作業もはかどりますね(笑)。磨く面積が少なくて。

でもここまでの道のりは長かった・・・。

_IGP9873.JPG

_IGP9876.JPGのサムネール画像
_IGP9878.JPG

こんな感じにリフレッシュされました。気持ち良いですね~。

M様、この度は弊社をご利用いただき、誠にありがとうございました。秋のドライブを満喫してくださいね。わたしもこういう車(マニュアル車)でドライブしたいなぁ~。ミニバンはもう飽きました(笑)。

 



コメントフォーム

*

NEWスタッフブログ

お客様からのコメント

Sponsored by

Copyright(c) 2011 板金・塗装専門店|前田自動車.jp All Rights Reserved.