Home » 自動車 板金・塗装施工例 » 86をカスタマイズしました

86をカスタマイズしました板金・塗装専門店|前田自動車.jp

category : 自動車 板金・塗装施工例 2014.8.19 

お盆休みもRSRFESも終わり、もうなんだかすっかり秋の雰囲気ですね~。

休み中はお墓参りに行って、昆虫採集して、海でキャンプして・・・ごく普通にお盆を過ごしました(笑)。
さて、今回はトヨタ86を触らせていただきました。
_IGP4648.JPG


フロントバンパーにリップスポイラーを付け、リアウィンド付近にウィングを追加します。

_IGP4619.JPG
既に仕上がっている感はあるのですが、さらにアップグレードと言うことで・・・
Cピラーに穴あけ!!
_IGP4636.JPG
実はこのリアスポイラーはインプレッサ(GVF-WRX)用の物でして、付きそうな雰囲気なので付けてくださいと。ちょっと躊躇しましたがチャレンジしてみました(笑)。
ボディーに当たる部分の角度が違ったので、削ったりパテを盛ったりしてフィッティングを繰り返します。穴あけした後は防錆ワックスを注入してボディーにナッターを打ち込んでおきます。
_IGP4642.JPG
ウィングの塗装するときっていつもセッティングに悩みます。今回は弟がこの様にセットしてくれました。裏面もキチッと塗れるのが良いですね。
塗装が終了したら装着に移ります。ボルトで固定する前にシーリングも兼ねたボンドを装着面に塗っておきます。ボルトを締め込むと当然ボンドがムニュ~っとはみだしてくるのでコーキング風に拭き取ります。これで雨が進入することは無いはずです。
フロントスポイラーはウレタン製で、フィッティングした感じではイマイチな状態でした。
削るところは削って、どうしてもフィットしないところはボンディングで対処しました。
_IGP4644.JPG
_IGP4653.JPG
_IGP4654.JPG
この棒をあてがっている箇所がどうしても浮いてしまうのでボンディング。ボンドを流し込んではみ出た分を拭き取りながら抑える棒をセットする訳ですが、硬化を早くするためにブース内の温度を上げます。なので、僕らは超汗だく(笑)。最近のFRPやウレタンのスポイラーはボンディングが前提という事が多いですね。形が複雑な物は両面テープだけでは耐え切れないので、外さない前提であればボンディングの方が綺麗に且つ安心かもしれませんね。ホント脱水寸前で作業完了でした~
_IGP4670.JPG
と言うわけで、無事完成~。
_IGP4668.JPG
冬の間もスポイラーは外さず、車高を上げるそうです。
_IGP4674.JPG
_IGP4676.JPG
_IGP4677.JPG
しかしお金かかってますね~室内もバケットシートが鎮座しておりました。一台の愛車にお金をつぎ込む楽しみは本当に良いものですね。時間をかけてイジッている期間が一番楽しい!
この度はA様のご紹介でご入庫していただき、誠にありがとうございました。
仕上がりに満足していただけて本当に良かったです!!
今後とも宜しくお願いいたします。


コメントフォーム

*

NEWスタッフブログ

お客様からのコメント

Sponsored by

Copyright(c) 2014 板金・塗装専門店|前田自動車.jp All Rights Reserved.