Home » 自動車 板金・塗装施工例 » マツダ ロードスター(NA型)の事故修理

マツダ ロードスター(NA型)の事故修理板金・塗装専門店|前田自動車.jp

category : 自動車 板金・塗装施工例 2011.11.23 

そういえばウチは板金塗装の専門店なのに事故修理の記事があまりありませんでしたね(汗)。

今回は不運にも追突事故を起こしてしまった、マツダロードスターのご紹介です。
_IGP0079.JPG

フロントバンパー、右クリアランスレンズ、バンパーホースメント、ボンネットは交換が必要ですね。
なんせバンパーはウレタン製でボンネットはアルミ製。
ナンバープレートも棄損のため再発行します。
_IGP0083.JPG
_IGP0082.JPG
ボンネットは完全に折れてしまっています。バンパーの入り方から推測するに、ラジエータコアサポートも押されているはずです。
とりあえず、ボンネットとバンパーは中古で探すことになり、いろいろ探してみると運良く程度のいい部品が見つかりました。
左右クリアランスレンズとサイドマーカー、バンパーホースメント一式のいわゆるフロントバンパーAssyが手に入りました。色もグリーンでした。
先に仮合わせをしますが、案の定ギャップが合いません。というか、ボンネットは閉まらないしバンパーは全然合いません(笑)。やはりラジエータコアサポートの修正が必要でした。
_IGP0145.JPG
_IGP0146.JPG
程度が良いとはいえ、補修は必要ですしボンネットはホワイトだったので裏面の塗装します。
_IGP0152.JPG
続いてボディーの塗装。
_IGP0156.JPG
_IGP0161.JPG
_IGP0167.JPG
良い感じに塗れたのではないでしょうか?私個人の感覚ですが、グリーンの色合わせは結構難しい事が多い気がします。スカシの赤味と正面のグリーン味ばかり気を取られていると、淡くなってしまったり、パール感が違ったり。日の光に当たったとき、違いがモロに判ります。
_IGP0236.JPG
_IGP0241.JPG
マツダロードスター。すごく魅力的な車ですね。サイズといいエンジンのフィーリングといい、走りを楽しむには理想的な車だと思います。輸入車のライトウェイトカーも魅力的ですが、維持費や故障の心配を考慮するとこちらに軍配が挙がってしまいます。
NBやNC型も乗り比べてみたいですね。
ただ、分解しているときに、ボルト類が錆びて固着しており、ボキボキ折れたのが厄介でした。やはり新車時から下回りの防錆だけはしっかりやっておいたほうが良いかも知れませんね。
小さい車なら、ちょこちょこメンテナンスするのも楽しそうです。
K様、この度はご利用ありがとうございました。弊社のお客様のご紹介ということもあり、とても嬉しかったです。今後とも宜しくお願いします。


コメントフォーム

*

NEWスタッフブログ

お客様からのコメント

Sponsored by

Copyright(c) 2011 板金・塗装専門店|前田自動車.jp All Rights Reserved.