Home » 自動車 板金・塗装施工例 » ゴルフⅤの弱点

ゴルフⅤの弱点板金・塗装専門店|前田自動車.jp

category : 自動車 板金・塗装施工例 2014.10.20 

こんばんはー今回は、VWゴルフⅤ(GTI)の修理の模様をお届けします。

数年前にも同じ様な修理をしたことがありましたが、今回の方が症状は重たい物でした。それは・・・
_IGP4896.JPG
これ!!


分ります?右Frドアがありえない方向にめくれていますね~

_IGP4895.JPG
これはですね、ドアとフェンダーの隙間に雪や氷が溜まり、硬く凍った朝などにドアを開けると氷が挟まってドアパネルが外側にめくれてしまう北国ならではの損害。
最初は小さなめくれでも、徐々に大きくなっていくとドアをフルオープンしたときにFrフェンダーに干渉してしまい、Frフェンダーは内側へと押し込まれてしまいます。そんで、ここから錆が発生して結果的にサイドシルへと錆が移ってしまいます。
_IGP4910.JPG
_IGP4912.JPG
_IGP4914.JPG
こんな感じに錆びております。前回、ゴルフⅤのGTを作業した時も、フェンダーを外してサンドブラストで錆部分を除去して錆転換剤と錆止めを施工しましたが、結果的には1年もしないうちに同じように錆びてしまいました。
今回のゴルフが入庫した時期に、偶然にもゴルフⅤのR32が事故によるフェンダー交換で入庫したのですが、フェンダーを外したときにフェンダーとサイドシルの間にホットワックス(水の浸入を防ぐ防錆ワックス)が大量に盛られていました。
錆が発生している今回のゴルフはこの部分にホットワックスはあまり残っておらず、尚且つ、隙間が狭くなっていたのが良くなかったのかもしれません。
_IGP4916.JPG
ドア裏もこのように錆が。
_IGP4917.JPG
ドアパネルがドアAssyから外せる構造なので、修理は楽ですがひょっとするとこの構造が良くないのかもしれませんね。
同時期に生産されたゴルフヴァリアントにも同じ症状が確認されました。
_IGP4959.JPG
左Frフェンダー、左Frドアは修理。右Frフェンダーは新品交換。右Frドアは中古パーツに交換となりました。
_IGP4961.JPG
_IGP4964.JPG
アウターパネル類は外した状態で錆処理をしてから塗装しました。
外れている状態でなければサイドシルを塗装できないので。
_IGP4966.JPG
_IGP4967.JPG
_IGP4969.JPG
こんな感じで完成です。フェンダーとサイドシルの隙間にはホットワックスに近い硬さの防錆ワックスを塗布しておきました。
_IGP4972.JPG
お客様が用意してくださった右Frドアは程度が良く、そのままアウターパネルの交換のみで済みました。色もほぼ合っています。
今後の対策としては、冬の間こまめに氷を取り払うことでしょうか。ドアを開ける前に、一度チェックするクセをつけなければなりませんね・・・。
せっかく良い車なのに、惜しい構造です。
K様。この度はご利用いただきまして誠にありがとうございました。
ご相談いただいてから、ご入庫までお時間を頂いてしまいましたが、仕上がりに満足して頂けて安心いたしました。
また錆びないよう最善を尽くしましたが、何かございましたらいつでもご相談ください。
今後とも宜しくお願いいたします。


コメントフォーム

*

NEWスタッフブログ

お客様からのコメント

Sponsored by

Copyright(c) 2014 板金・塗装専門店|前田自動車.jp All Rights Reserved.